MAX野球教室では技術的な面より、野球の基礎、ルール・知識・マナーなどを重点にアドバイスしております。ぜひご一読ください。

下記にルールに関するクイズ、マメ情報などを掲載しています。(週2回更新しております)

最新問題(過去2回分を掲載しています)

"Maxの野球教室"ルール

Q272. ルール編 守備編
【問題】
〈状況〉0アウトランナー1塁。
〈起こったこと〉バッターがセカンドゴロを放ました。
〈その後の動き〉セカンドは併殺を狙い、ショートに送球し2塁で1塁ランナーをアウトにしました。ショートはさらに1塁へ転送しようとしましたが、アウトになった1塁ランナーがスライディングした時にショートの体に抱きつき、ショートは1塁へ送球できませんでした。この場合はどんな判定になるでしょうか。
a)成行きとなり、1塁ランナーのみがアウトとなる。1アウト1塁で再開。
b)アウトになったランナーが併殺を妨害したので、打者走者もアウト。2アウトランナーなしで再開。
【解説】
正解はb)です。この場合、ランナーがわざとショートに抱き着き、守備を妨害しているので、打者走者もアウトとなり2アウトランナーなしで再開されます。

"Maxの野球教室"ルール編

Q269. ルール編 守備編
【問題】
〈状況〉0アウトランナーなしでバッターがヒットを打ちました。
〈起こったこと〉そのボールがピッチャーに戻った時に、ボールの交換をしたいと申し出がありボールデッドとなりました。
〈その後の動き〉ボール交換後、ピッチャーがピッチャープレート付近にきたので、プレイがかかりました。一塁ランナーが塁を大きく離れていたので、ピッチャーはプレートを踏まないまま、一塁ランナーに送球してランナーをアウトにしました。この場合はどのような判断がされるでしょうか。
a)成行きとなる。この場合は1アウトランナーなしで再開。
b)ピッチャーの送球はプレートを踏まないと無効となるため、ランナーはセーフとなる。
c)プレイの宣告が無効のため、この送球自体が無効となる。
【解説】
正解はc)です。「プレイ」再開の条件は、ピッチャーがボールを持ちピッチャープレートに触れてから審判がプレイを宣告した時です。この場合はプレートに触れていないので、プレイ自体が無効となります。

バックナンバー

お問い合わせ

TEL: 048-798-0990

FAX: 048-798-0999

担当者:野口 ムネヒコ

自己紹介

 小・中・高校の約10年間、野球部で甲子園を目指しましたが、あと一歩及びませんでした。
 今も草野球で汗を流し、野球を通して体を動かす楽しさを実感しています。この楽しさを皆様と共有したいと考えています。
 このページでは今までの経験を活かし、野球少年たちにルールやマナーを中心に伝えております。