MAX野球教室では技術的な面より、野球の基礎、ルール・知識・マナーなどを重点にアドバイスしております。ぜひご一読ください。

下記にルールに関するクイズ、マメ情報などを掲載しています。(不定期に更新しております)

最新問題(過去2回分を掲載しています)

"Maxの野球教室"ルール編
Q221. 走塁編
 【問題】
〈状況〉1アウトランナー1塁。
〈起こったこと〉牽制球でランナーが1.2塁間に挟まれました。
〈その後の動き〉挟撃プレイの時に、送球がそれてしまいベンチに入りました。野手が送球した直後にランナーに対し走塁妨害をしてしまいました。

この時、ランナーはどこまで進塁できるでしょうか?

a)悪送球のみ適用。2個の塁が与えられ、3塁まで進む。
b)悪送球で2個の塁、走塁妨害で1個の塁が与えられ、ホームまで進塁する。
c)走塁妨害のみ適用。1個の塁が与えられ、2塁まで進む。

【解説】
正解はa)です。送球が悪送球となり、送球後に走塁妨害をしてしまった場合は、走塁妨害は関係なくなります。そのため2個の塁が与えられます。

"Maxの野球教室"ルール編
Q220. 走塁編
 【問題】
〈状況〉1アウトランナー2.3塁。
〈起こったこと〉スクイズを行おうとしました。
〈その後の動き〉バッターのバットがキャッチャーのミットに触れてしまい、バントできませんでした。3塁ランナーはホームへ走っていましたが、2塁ランナーはスタートを切っていませんでした。

どんな判定になるでしょうか?

a)打撃妨害でバッターは1塁へ進塁、2塁ランナー・3塁ランナーはそのままとなり、1アウト満塁で再開。
b)打撃妨害でバッターは1塁へ進塁、スタートを切っていた3塁ランナーの生還は認められ、1アウト1.2塁で試合再開。
c)打撃妨害でバッターは1塁へ進塁、ランナーはピッチャーのボークとなりそれぞれ進塁。1アウト1.3塁で試合再開。

【解説】
正解はc)です。ボークと打撃妨害の両方が適用され、得点が認められ、さらに1アウト1.3塁で試合再開となります。

バックナンバー

お問い合わせ

TEL: 048-798-0990

FAX: 048-798-0999

担当者:野口 ムネヒコ

自己紹介

 小・中・高校の約10年間、野球部に所属。
 今も草野球で汗を流し、野球を通して体を動かす楽しさを実感。身体を動かす楽しさを皆様と共有したい。
 このページでは、野球少年たちにルールやマナーを中心に伝えたいと考えている。