"Maxの野球教室"ルール
Q282. ルール編 走者編
【問題】
〈状況〉バッターが3塁打を放ちました。
〈起こったこと〉しかし、はバッター2塁を空過していました。
〈その後の動き〉次のバッターに投球する前、ピッチャーがセットポジションを取っているときに、セカンドの選手が空過に気づき、ボールを要求しました。
ピッチャーはプレートを外し、二塁に送球しましたが、その時に3塁ランナーがホームへ走ったので、セカンドはアピールせずにホームへ送球しました。しかし、ランナーはセーフとなりました。
その後キャッチャーから二塁へ送られアピールをしました。
この場合はどんな判定になるでしょうか?
a)アピールは認められる。得点は認められず、3塁ランナーはアウトとなる。
b)アピールは認められないが、得点も認められない。ランナー3塁で再開される。
c)アピールは認められず、得点も認められる。
【解説】
正解はc)です。いったんプレートに触れてからのアピールの送球をアピールせずにホームへ送球した場合は2塁でのアピール権は消滅します。
"Maxの野球教室"ルール
Q281. ルール編 走者編
【問題】
〈状況〉2アウトランナー1.3塁
〈起こったこと〉バッターが右中間を破る長打を放ちました。
〈その後の動き〉1.3塁ランナーはホームインし、バッターランナーは2塁に到達しました。しかし、1塁ランナーは2塁も3塁も踏んでいませんでした。守備側から1塁ランナーの3塁空過をアピールしアウトとなりました。しかし、再び1塁ランナーの2塁空過に気づき再度アピールしました。
この場合はどんな判定になるでしょうか?
a)アピールは認められる。1塁ランナーは2塁でのアウトとなり、3塁ランナーの得点も認められない。
b)アピールは認められ、1塁ランナーは2塁でのアウトとなるが、3塁ランナーの得点は認められる。
c)アピールは認められない。1塁ランナーのアウトは3塁でのアウトとなり、3塁ランナーの得点が認められる。
【解説】
正解はa)です。アピールは認められ、1塁ランナーのアウトは2塁でのフォースアウトとなります。そのため、3塁ランナーの得点も認められず無得点となります。
"Maxの野球教室"ルール
Q275. ルール編
【問題】
〈状況〉0アウト1.3塁。
〈起こったこと〉1塁ランナーが盗塁し、1.2塁間で挟まれました。
〈その後の動き〉その際にボールを持っていないセカンドの選手とぶつかってしまいました。その時、3塁ランナーはホームへはむかっておらず、1塁ランナーはその後タッチされました。この場合はどんな判定になるでしょうか。
a)タッチされたので1塁ランナーがアウトとなる。1アウト3塁で再開。
b)野手の走塁妨害で1塁ランナーは2塁へ進む。0アウト2.3塁で再開。
c)野手の走塁妨害で1塁ランナー、3塁ランナーがそれぞれ進塁する。1点入り、0アウト2塁で再開。
【解説】
正解はb)です。走塁妨害では対象のランナーが進塁します。
"Maxの野球教室"ルール編
Q265. ルール編 走塁編
【問題】
〈状況〉1アウト1塁。
〈起こったこと〉ピッチャーからの牽制球が悪送球となりました。
〈その後の動き〉悪送球となりましたが、後ろに立っていた審判に当たり、ランナーは2塁に進むことができませんでした。当たらなければボールは点々とし、2塁まで進めるような送球でしたが、
この場合はどのような判断がされるでしょうか。
a)成行きとなる。ランナーが進めなければそのままランナー1塁で再開。
b)審判に当たらなければ2塁まで進めたので、ランナー2塁で再開。
c)ボールデッドとなり、2個の塁が与えられる。ランナー3塁で再開。
【解説】
正解はa)です。送球が審判に当たってもボールインプレイで成行きとなります。この場合ではランナー1塁で再開となります。
"Maxの野球教室"ルール編
Q264. ルール編 走塁編
【問題】
〈状況〉2アウト満塁。
〈起こったこと〉バッターが左中間を破る長打を放ちました。
〈その後の動き〉走者一掃あたりで、各ランナーがそれぞれホームへ還ってきましたが、バッターランナーは3塁でタッチアウトとなり、3アウトとなりました。しかし、1塁ランナーが2塁を踏み忘れたというアピールがあり、それが認められました。3塁ランナーは1塁ランナーの2塁到達より先にホームへ還っていました。
この場合は何点入るでしょうか。
a)1塁ランナーはアウトだが2塁、3塁ランナーの得点は認められ、2点入る。
b)1塁ランナーのアウトのタイミングより3塁ランナーのホーム生還が早いので、1点入る。
c)1塁ランナーの2塁でのアウトがフォースアウトのため得点は認められない。
【解説】
正解はc)です。2塁の空過を認めた場合は、このプレイがフォースプレイとなり第3アウトが置き換わります。そのため、得点は認められません。
"Maxの野球教室"ルール編
Q257. ルール編 走塁編
【問題】
〈状況〉0アウトランナーなし。
〈起こったこと〉バッターが、ワンバウンドでフェンスを越えるエンタイトルツーベースを放ちました。
〈その後の動き〉バッターランナーが走塁の際に、1塁を踏み忘れてしまい2塁に到達しました。そのバッターランナーは踏み忘れに気づき、1塁を踏み直して、再度2塁へ到達しました。
この場合はどんな判定になるでしょうか。
a)踏み直しているので、2塁打となる。
b)踏み直していても、その後アピールがあればアウトとなる。
c)踏み直しているため、その時点でアウトとなる。
【解説】
正解はb)です。エンタイトルツーベースはボールデッドとなります。ボールデッドの時に、踏み忘れた塁の次の塁に到達した際は、踏み直しは認められません。
また、塁の踏み忘れはアピールプレイのため、プレイ再開後のアピールでアウトとなります。アピールがなければアウトとはなりません。
"Maxの野球教室"ルール編
Q256. ルール編 走塁編
【問題】
〈状況〉0アウトランナー満塁。
〈起こったこと〉バッターがショートゴロを放ちました。
〈その後の動き〉打球を処理したショートがホームへ送球し、3塁ランナーはアウトとなり、併殺を狙ったキャッチャーは1塁へ送球しました。その時、バッターランナーは1塁ベースの手前でファウルラインの内側を走っていたため、送球がバッターランナーに当たってしまい、ファーストは捕球できませんでした。
ちなみにこの時、1.2塁ランナーはそれぞれ次の塁へ到達していました。
この場合はどんな判定になるでしょうか。
a)成行きで、3塁ランナーのみアウトとなり、1アウト満塁で再開。
b)ボールデッドとなり、3塁ランナーとバッターランナーがアウト。ほかのランナーも戻され、2アウト1.2塁で再開。
c)ボールデッドとなり、3塁ランナーとバッターランナーがアウト。ほかのランナーの進塁は認められ、2アウト2.3塁で再開。
【解説】
正解はc)です。バッターランナーの守備妨害となりますが、3塁ランナーの後に妨害しているので、この場合ほかのランナーの進塁は認められます。
"Maxの野球教室"ルール編
Q255. ルール編 走塁編
【問題】
〈状況〉0アウトランナーなし。
〈起こったこと〉バッターが宇宙簡易に大きなヒットを放ちました。
〈その後の動き〉バッターランナーが1塁を空過してしまいましたが、3塁まで到達しました。バッターランナーの触塁を見ていたファーストが3塁へ投げて、3塁手がバッターランナーにタッチしアピールしました。
この場合はどんな判定になるでしょうか。
a)この段階でのアピールは認められない。
b)このアピールは認められ、バッターランナーアウト。
c)3塁だが認められアピールは認められない。
【解説】
正解はb)です。空過した塁でのアピールだけでなく認められます。この時は3塁審判は1塁審判に確認し、1塁審判がアウトを宣告します。

"Maxの野球教室"ルール編
Q254. ルール編 走塁編
【問題】
〈状況〉0アウトランナー2塁。
〈起こったこと〉バッターがセンター前ヒットを放ちました。...
〈その後の動き〉2塁ランナーが3塁を回り、ホームへ向かいました。しかし、3塁コーチはアウトになりそうだと思い、ランナーを抱き止め、3塁へ戻しました。この時、バッターは1塁を回ったところでしたが、どんな判定でしょうか?

a)成行きで、ボールインプレー。0アウト1.3塁で再開。
b)すぐにボールデッドとなり、3塁ランナーがアウト。1アウト1塁で再開。
c)すぐにボールデッドとなり、バッターランナーと3塁ランナーがアウト。2アウトランナーなしで再開。

【解説】

正解はb)です。ベースコーチの肉体的援助があった場合はすぐにボールデッドとなり、ランナーがアウトとなります。

"Maxの野球教室"ルール編
Q253. ルール編 走塁編
【問題】
〈状況〉0アウトランナー1.3塁。
〈起こったこと〉1塁ランナーが盗塁を仕掛けた時に、バッターがファースト前にフライを打ち上げました。
〈その後の動き〉バッターランナーは、ファーストの選手の捕球を妨害し、ファーストの選手は捕球できませんでした。
この場合はどんな判定でしょうか?
a)ボールデッドとなり、バッターランナーがアウト。1アウト1.3塁で再開。
b)ボールデッドとなり、バッターランナーと3塁ランナーがアウト。2アウト1塁で再開。
c)ボールデッドとなり、バッターランナーと1塁ランナーがアウト。2アウト3塁で再開。
【解説】
正解はb)です。故意に妨害した場合は、ダブルプレーを故意に防ごうとしたとみなされるため、まずバッターランナーがアウトとなります。さらに、どこで併殺が行われようとしていたかは関係なく、最も本塁に近いランナーがアウトとなり、ダブルプレーとなります。
この場合は、3塁ランナーがアウトとなり2アウト1塁で再開されます。
"Maxの野球教室"ルール編
Q252. ルール編 走塁編
【問題】
〈状況〉0アウトランナー2.3塁。
〈起こったこと〉バッターがスクイズを行いました。
〈その後の動き〉バッターのバントがフェアグラウンドの小フライになり、キャッチャーが捕ろうとしました。しかしバッターが邪魔をして捕球できませんでした。
この場合はどんな判定でしょうか?
a)成行きでインプレー。
b)ボールデッドとなり、バッターアウト。
c)ボールデッドとなり、バッターと3塁ランナーがアウト。2塁ランナーは元の塁に戻される。
【解説】
正解はc)です。バッターとともに最もホームに近いランナーがアウトとなります。
"Maxの野球教室"ルール編
Q251. ルール編 走塁編
【問題】
〈状況〉1アウトランナー1.2塁。
〈起こったこと〉バッターがショートゴロを放ちました。
〈その後の動き〉2塁ランナーが故意に打球を蹴ってしまい、ショートは打球の処理ができず、ボールはレフトまで転がりました。
この場合はどんな判定でしょうか?
a)成行きでレフト前ヒットとなる。
b)打球がランナーに当たったのでボールデッドとなり、2塁ランなーアウト。2アウト1.2塁となる。
c)故意に打球を蹴ったので、バッターランナーと2塁ランナーがアウトとなり、ダブルプレー。
【解説】
正解はc)です。故意に蹴った場合はダブルプレーを阻止しようとしたとみなされ、ランナーとともにバッターランナーもアウトとなります。
"Maxの野球教室"ルール編
Q249. ルール編 走者編
【問題】
〈状況〉1アウトランナー1.3塁。
〈起こったこと〉1塁ランナーが2塁へ盗塁を仕掛けました。
〈その後の動き〉キャッチャーが2塁へ送球し、ランナーをアウトにしました。その時に、セカンドの選手が本塁へ進塁しようとした3塁ランナーをアウトにするためにホームへ投げようとしました。しかし、アウトになった1塁ランナーに妨害され送球できませんでした。
この場合はどんな判定でしょうか?
a)1塁ランナーの守備妨害で3塁ランナーもアウト。ダブルプレーでチェンジ。
b)ボールデッドとなり、得点は認められない。ランナーが3塁へ戻さ2アウトランナー3塁で再開。
c)成行きで得点が認められ、2アウトランナーなしで再開。
【解説】
正解はa)です。この場合は3塁ランナーもアウトとなり、チェンジとなります。

"Maxの野球教室"ルール編
Q235. 走塁編
 【問題】
〈状況〉1アウトランナー3塁。
〈起こったこと〉カウント3-2の時に次の投球時に3塁ランナーは本盗をしました。
〈その後の動き〉その投球をバッターが空振りしました。キャッチャーがタッチしようとしたときに三振したバッターに妨害されて、タッチできず。ランナーはホームに還りました。
この場合はどんな判定でしょうか?

a)バッターは三振アウト。3塁ランナーは妨害されているので3塁へ戻される。
b)バッターは三振アウト。3塁ランナーへの妨害は三振後なので、3塁ランナーもアウト。
c)ボールデッドとなり、バッターアウト。3塁ランナーはホームインが認められます。
【解説】

正解はb)です。三振後の妨害はランナーもアウトになります。

"Maxの野球教室"ルール編
Q234. 走塁編
 【問題】
〈状況〉1アウトランナー3塁。
〈起こったこと〉カウント3-2の時に次の投球時に3塁ランナーは本盗をしました。
〈その後の動き〉その投球はボールでしたが、キャッチャーがタッチしようとしたときにバッターに妨害されて、タッチできませんでした。ランナーはホームに還りました。
この場合はどんな判定でしょうか?

a)バッターは四球。3塁ランナーは妨害されているので3塁へ戻される。
b)バッターは四球。3塁ランナーの妨害は四球後なので、得点も認められる。
c)ボールデッドとなり、バッターアウト。3塁ランナーも3塁へ戻されます。
【解説】

正解はc)です。この場合はバッターの妨害をとり、バッターアウトでランナーも戻されます。

"Maxの野球教室"ルール編
Q233. 走塁編
【問題】
〈状況〉1アウトランナー2塁。
〈起こったこと〉バッターがサードの右寄りのライナーを打つ。
〈その後の動き〉サードがこの打球をはじいてしまいましたが、3塁へ向かって走っていた2塁ランナーに当たり、バウンドする前にショートが捕り、1塁へ送球しました。バッターはすでに1塁へ到達し、2塁ランナーも3塁へ到達していました。
この場合はどんな判定でしょうか?

a)2塁ランナーもバッターランナーもアウトでダブルプレーとなる。
b)2塁ランナーはアウト。ランナーに打球が当たった時点でボールデッドとなり、バッターランナーは1塁が与えられます。
c)成行きのプレーなので、バッターランナーも2塁ランナーもアウトになりません。1アウト1.3塁で再開。

【解説】

正解はc)です。いったん内野手に触れてからランナーに当たった打球は、地面に触れたものと同じとして扱われます。そのため、成行きのプレーとなります。

"Maxの野球教室"ルール編
Q232. 走塁編
 【問題】
〈状況〉1アウトランナー2塁。
〈起こったこと〉バッターがショートの右寄りのゴロを打つ。
〈その後の動き〉バウンドした打球がショートが捕れそうでしたが、触れずにショートを通過しました。ショートの後ろを走っていたランナーに打球が当たってしまい、ボールはサードが捕球しました。一塁は間に合わず2塁ランナーにもタッチできず、3塁へ到達しました。
この場合はどんな判定でしょうか?

a)2塁ランナーもバッターランナーもアウトでダブルプレーとなる。
b)2塁ランナーはアウト。ランナーに打球が当たった時点でボールデッドとなり、バッターランナーは1塁が与えられます。
c)成行きのプレーなので、バッターランナーも2塁ランナーもアウトになりません。1アウト1.3塁で再開。

【解説】

正解はc)です。容易に守備できた範囲の打球に対し、内野手が処理できずにすぐ後ろでランナーに当たった場合は、アウトにはなりません。ただし、ほかの内野手が守備できる機会があったと判断した場合はアウトとなります。(たとえば、三遊間の打球でサードが処理できずにランナーに当たったが、後ろにショートがいて守備機会があった場合など。)

"Maxの野球教室"ルール編
Q231. 走塁編
【問題】
〈状況〉1アウトランナー2塁。
〈起こったこと〉バッターがショートの前にゴロを打つ。
〈その後の動き〉バウンドした打球がショートの前でイレギュラーし、ショートのはるか横を通過しました。ショートの後ろを走っていたランナーに打球が当たってしまい、ボールはサードが捕球しました。一塁は間に合わず2塁ランナーにもタッチできず、3塁へ到達しました。
この場合はどんな判定でしょうか?

a)2塁ランナーもバッターランナーもアウトでダブルプレーとなる。
b)2塁ランナーはアウト。ランナーに打球が当たった時点でボールデッドとなり、バッターランナーは1塁が与えられます。
c)成行きのプレーなので、バッターランナーも2塁ランナーもアウトになりません。1アウト1.3塁で再開。

【解説】

正解はb)です。通常、野手が捕れる範囲の打球を捕れず、ランナーに当たった場合はアウトにはなりませんが、イレギュラーで捕球ができない状況の打球が当たった場合は、ランナーはアウトになります。

"Maxの野球教室"ルール編
Q230. 走塁編
 【問題】
〈状況〉1アウトランナー1.2塁。
〈起こったこと〉バッターが高いバウンドのゴロを打つ。
〈その後の動き〉バウンドした打球がピッチャーの頭を超え、1塁走者に2塁ベース近くで当たりました。その後、セカンドが処理し、バッターよりも早く一塁へ送球しました。
この場合はどんな判定でしょうか?

a)1塁ランナーもバッターランナーもアウトでダブルプレーとなる。
b)1塁ランナーはアウト。ランナーに打球が当たった時点でボールデッドとなり、2塁ランナーは2塁にとどまり、バッターランナーは1塁が与えられます。
c)1塁ランナーはアウト。ランナーに打球が当たった時点でボールデッドとなり、2塁ランナーは3塁に進み、バッターランナーは1塁が与えられます。
【解説】

正解はb)です。ボールデッドとなりますが、2塁ランナーの進塁はできません。

"Maxの野球教室"ルール編
Q229. 走塁編
 【問題】
〈状況〉1アウトランナー満塁。
〈起こったこと〉バッターがファーストゴロを打つ。
〈その後の動き〉ファーストが捕球し3-6-3の併殺を狙い、2塁へ送球しましたが、1塁ランナーの足が速く2塁はセーフ、その後1塁へ送球され、バッターランナーはアウトになりました。その間にランナーはそれぞれ進塁しました。しかし、2塁に到達したランナーのオーバーランが大きいことを確認したファーストが2塁へ送球し、ランナーをアウトにしました。3アウトとなりましたが、得点は認められるでしょうか?

a)ダブルプレーが成立し、得点は認められない。
b)ダブルプレーだが、2塁でのアウトは得点後のため得点は認められる。
c)ダブルプレーは成立しない。
【解説】

正解はb)です。併殺プレイですが、2塁でのアウトはフォースプレイではないため、2塁でのアウトの前にホームインしていれば得点は認められます。

お問い合わせ

TEL: 048-798-0990

FAX: 048-798-0999

担当者:野口 ムネヒコ

自己紹介

 小・中・高校の約10年間、野球部に所属。
 今も草野球で汗を流し、野球を通して体を動かす楽しさを実感。身体を動かす楽しさを皆様と共有したい。
 このページでは、野球少年たちにルールやマナーを中心に伝えたいと考えている。